妊娠中にアロマセラピーを受ける利点

【マイナートラブルのケア】

つわり、腰痛、むくみ、便秘、肩こり、不安、不眠… 妊娠中に起きる様々な体や気持ちの不調(マイナートラブル)は様々で、妊婦さんの数だけお悩みはあります。そんな「辛いな」「しんどいな」と感じるあなたの気持ちや体のケアを、 様々な植物から採取した香りのするオイル「精油」で全身をトリートメント(マッサージ)をする事で行います。そして精油には香りだけではなく、体に働きかける色々な力があります。

血行をよくしたり、胃腸の動きを活発にさせたり、体内の余計な水分を排出させたり…
不安を和らげたり、眠くなるようにしたり、集中力を高めたり、ハッピーな気分にさせたり…

あなたのお悩みに合わせて、精油をブレンドします。

また、はなみらんのアロマセラピーは気持ちを緩めるのがメインです。
元気が出る神経「交感神経」と、リラックスする神経「副交感神経」に刺激を与えて気持ちの面から体を緩め体のリラックスを促し、更に精油の持つ力をプラスしてあなたのマイナートラブルをケアしていくのです。

【体にリラックスを覚えさせる】

出産のときに必ず言われる言葉「リラックスして!」「力を抜いて!」。 しかし、出産のときはどうしても体に力が入ってしまいます。陣痛が来ればぎゅっと全身が強張るし、息むときも力が入ります。出産時に力を入れるのは必要な事ですが、必要以上の力はあなたの体に負担をかけます。

定期健診で先生に出産に向けて『体力作り』をするようには言われますが、『リラックス作り』をするように言われる事は殆どありません。出産の現場でいきなり「リラックスして」と言われても難しいでしょう。しかし、妊娠中に定期的にアロマセラピーを受けてあなたの体に「力を抜く」という事を覚えさせておけば、出産時に『体が程よく力を抜きリラックスする』という状況を作り出せます。リラックスを覚えている体での出産は、あなたの赤ちゃんにも大きな負担をかけません。

アロマトリートメント時によく使った精油を分娩時にも漂わせる事ができれば、その効果は更にUP!「この香りは力が抜ける時の香りだ」と記憶している脳が本能的に働いて、自然とあなたの心身を緩めてくれるでしょう。