コラム&新着情報

→コラム&新着情報トップへ

【コラム】マタニティ&産後専門アロマセラピーケアサロンはなみらんとは[3]

2017.02.07

「マタニティ&産後専門アロマセラピーケアサロンはなみらんとは」最終章(笑)です。最終章は「まず始めた事、そして現在の想い」です。

・第一弾:はなみらんのアロマセラピストとは
・第二弾:なぜ産前産後のケアをしようと思ったのか
・番外編:ドゥーラによるドゥーラインタビュー

まず始めた事その1:妊婦さんお断りのSPAを妊婦さん受け入れ可能にする

私は出版社を辞め、セラピスト1本で働き始めて数年が経過していました。当時、私が勤務していた高級宿泊施設併設のSPAは妊婦さんお断りでした。私はそこを妊婦さん受け入れ可能にすべく働きかけました。企画立案、メニュー開発、スタッフ指導、オプション考案、妊婦さん向けブレンドハーブティー…とても時間がかかり途中で投げ出しそうにもなりましたが、直属の上司の理解やサポートもあり、妊婦さんOKのSPAを2軒リニューアルさせる事に成功しました。(長かったー!!涙)その結果、SPAだけでなく宿泊施設の方にも、妊婦さん向けの宿泊プランが導入されるようになりました。

まず始めた事その2:産後ドゥーラ同行出張トリートメント

ふたつめは、産後ドゥーラ同行出張トリートメントの開始です。
単独での出張も受けていましたが、トリートメントの間、赤ちゃんはどうするの?やる事いっぱいでそんな時間ない!というのが産後のお母さんなので、産後ドゥーラと一緒に行ってドゥーラがサポートをしている間にトリートメントをすればいいんじゃない?と思ったのです。お母さんは赤ちゃんの心配をせずにゆっくり休んでもらえるしトリートメントが終わったらお掃除が終わっていて、ご飯も作ってある…「やることいっぱい」の内のいくつかはクリアになっていて、トリートメントを受けている間の時間をどこかで回収しなきゃ…!なんて焦りや心配も一切不要。これは本当の意味で心身ともにゆっくりして貰える。産後ドゥーラと一緒に出張する事はメリットだらけだったのです。
週2日の休日を利用しての出張トリートメントなので、月に8日間しか対応できる日がなく、ご希望に沿った日時でのご提供が難しい状況でしたが、それでも喜んでくださる方もいて「やっぱり必要なサービスなんだ」と実感しました。

そして、アロマセラピーを知らない産後ドゥーラも沢山いましたので、私のトリートメントを体験して貰うことも同時に行いました。ドゥーラ自身が知らないものを、ドゥーラのクライアント(=産後女性)に薦める事も案内する事もできませんからね。月8日の本業の休日を利用して出張トリートメントと同時に産後ドゥーラに体験トリートメントを行うのはとても地道で大変な作業でしたが、絶対欠かせない必要な事でした。今でもこれは必要だと思っているので、現在もサロンで行っています。これを見て「私も体験したい!」と思った産後ドゥーラさんはお問合せフォームからご連絡ください(笑)

…そして現在に至るはなみらんと緩いセラピスト

そんなこんなを経て、現在は中目黒にサロンを構えて妊婦さんのケアをしながら、産後1年未満の方に対しては変わらずドゥーラ同行出張トリートメント、更に都内総合病院の産科でのアロマケアも行っています。そこの助産師さんに「花香さんはもう助産師になったらいいんじゃない?」と言われた事もあります。でもすぐに他の助産師さんに「優しすぎるから無理」と却下されました(笑)。(助産師さんは優しさと共に厳しさも必要な立場ですからね)でもそれでいいと私は思っています。妊婦さんも産後ママもきっと沢山の人に「これはダメ」「あれはよくない」「それをしなさい」と言われていると思います。なので私の元へ来た時ぐらい、余計な事は何も考えずに文字通り心身ともに休める時間を過ごして欲しいのです。キュッと締める人がいて、ふわっと緩める私がいる。必要な役割が必要とされる場所にいることが大切だと感じています。その信念の元、緩いセラピストというスタンスで妊婦さんや産後女性に接しています。「緩いセラピスト」とかあまり良い響きではないですけどね(笑)



以上がはなみらんの始まりから、現在に至るまでです。長かった!(笑)
こんな経歴を持つはなみらんですが、今後ともご贔屓にしていただけたらと思います。はなみらんも変わらず、妊婦さんと産後女性をがんがんエコヒイキして参ります!



【「はなみらん」とは】その1
http://maternityaroma-hanamillan.com/information/1723
【「はなみらん」とは】その2
http://maternityaroma-hanamillan.com/information/1723
【番外編】ドゥーラによるドゥーラインタビュー
http://ameblo.jp/shinotaloha/entry-11874512328.html

→コラム&新着情報トップへ