コラム&新着情報

→コラム&新着情報トップへ

【コラム】キチンとし過ぎないことのメリット

2017.02.14

前回のコラム緩いセラピスト、緩いサロンの続き…とまでは行きませんが、関連のあるお話になります。

キチンとしようとした時期もありました

はなみらんは緩いセラピスト(良い意味で!)のいる、緩いアロマセラピーサロン(良い意味で!!)です。(重要なので太字にしてみました笑)でも、イキナリ「よし、私は緩くいこう!」と思い立ち決行した訳ではありません。

アロマセラピーを勉強している過程で色々思うところがあって、ベジタリアン生活を試みた時期が私にはありました。でも、

うがー!!

ってなってしまったのです。今までお肉もお魚も卵もチーズも普通に食べていた私が急に「野菜しか食べない!」と制限をかける事は、私にとって無理をしている状態だったのでしょうね。そんな時に出会ったお客さんがいました。彼女はコンサルテーション(カウンセリング)の中で私にこんな事を話してくれました。


ワタシ、ガマンしないんです

「野菜中心の生活です、家でだけ」「外食の時はお肉やお魚も美味しく食べてます♡」
「お酒、我慢しません♪」「その代わり、飲んだ翌日は胃に優しい食事
外食した翌日は家食です」「だから2日連続外食したら2日連続で家食!」

あれ、この人なんにも我慢してない…。

そうなのです、彼女は我慢するんじゃなくてバランスを考えているだけだったのです。これなら私にもできるかも…と思い、試しににやってみたら、超カンタンで楽チン♪外食時は好きなものを食べるから「我慢してる」というストレスがない。結果、家での野菜中心生活もとても楽しくなりました。


我慢じゃないから続けられる、辛くない

そんな経験から私は一方でそうしているなら、一方ではそうはしないという考え方に落ち着きました。
セラピストセラピストした「素敵な花香さん」を目指した事もありましたが、ベジタリアン生活同様、全くもちませんでしたので(笑)早々に諦めて素の私である「緩いセラピスト・ハナ」にシフトチェンジ。結果、セラピストっぽくないと言われる事が増えましたが、親近感が湧くと言っていただけるようになり、「セラピストな花香、なんだか作ってて気持ち悪い」と、友人に胡散臭がられることもなくなりました(笑)

その流れから、ズボラで緩い私が出来る事はきっと誰でもできるハズ!私が出来ない事は人に薦めない!キチンとしないからこそできる事、続けられる事がある!という考えに至り、緩いセラピストの基礎が固まったのです。そこから派生したのが緩いセラピスト、緩いサロンです。

妊活中、妊娠中、産後の日々も同じですよね。「一生懸命なだけ」になったらきっとしんどい。私のベジタリアン生活と違って途中で「やーめた!」と放り出せないものだからこそ尚更です。

「一生懸命なだけ」にならないよう、「我慢しない」を得るための手段としてはなみらんは存在しています。

少しでも多くの妊婦さんたちにとってのそんな存在になれたら、緩くズボラなセラピストもより正当化できるのにな(笑)


最新ゆるセラピスト。照れくさいので小さいサイズで!(笑)

→コラム&新着情報トップへ