ご予約はこちら 

コラム&新着情報

→コラム&新着情報トップへ

【コラム】はなみらんは「頑張らない」を推奨します

2018.01.14

妊娠すると少なからず我慢したり気を使ったりの生活になってしまいますよね。そして産後は、小さな命を抱えての生活になるので、更にその割合は増すことが想像できます。それに加えて、自身の体に起こるマイナートラブル。どうして?と思っても「妊娠中ってそういうものだから」「産後はそうなるもの」という一言で片づけられてしまいがち。でも理由がわからないって不安だし、しんどいですよね。

●「知ること」って大切

「不安」とか「恐怖」ってなぜ発生するか考えた事はありますか?これらは全て「未知」から生まれる感情なんです。
例えばマラソン。
ゴールがどこなのか、道のりがどうなっているのか、全く判らなかったらしんどいですよね。
でも「ゴールまであと何キロだ」「この先は上り坂になる」と判っていれば、頑張れたり心構えができたりしますよね。
妊娠・出産・産後も同じだと私は思っています。


●「知る≠消滅」ではないけど「知る≒軽減」にはなる

妊娠中のマイナートラブルの代表ともいえる【脚のむくみ】を例に挙げてみましょう。

妊娠後期、膝から足首まで同じ太さになって、足もパンパンで、靴が入らなくなる程むくむ妊婦さんがいます。
脚は重いし、倦怠感でしんどいし、なんだか痛みさえ感じる気がする。なんでこんな風になるの?この先どうなるの?辛い、しんどい!という時に「妊娠中はむくむものだから」と言われても何の解決にもなりませんよね。理由もなく我慢しろと言われるほど、理不尽に感じることはないので更にイライラしちゃうかもしれない。
でも、もし

『実はさ~、妊娠中って赤ちゃんを守るために体の水分が30%くらい増えるんだよね。
 あと脚の付け根に下半身の循環の関所みたいのがあるんだけど、そこがお腹で圧迫されて循環が悪くなっちゃうの。
 それに、むくみって普段ふくらはぎの筋肉が動いて解消してるんだけど、妊娠すると運動量減るじゃない?
 そうすると、ふくらはぎの筋肉の動きも小さくなっちゃうから、むくみやすくなるんだよねぇ。
 おまけに地球には重力があるからね。どんどん下に降りて来ちゃうよね~。』


と説明されたら「そうだったのか!」「へー!!」「人の体ってすごくない!?」
「少ない運動量でふくらはぎの筋肉を動かすストレッチ探してみようかな」って思えますよね。

●「意味もわからない我慢」はいらない

知っただけではむくみは消えないかも知れません。でも知ることによって気持ちは楽になります。

「気持ちの問題だけか…」と思うかもしれませんが、気持ちの変化ってとっても大きいんです。
原因が分かっているので、解消法を探したり、気持ちをリラックスさせたりできます。
そう、鬱々と苦しむのではなく現状を楽にしようという方向へシフトチェンジできるんですよね。
誰かに甘えるにしても、理由がわかっていれば上手に説明できますしね!


はなみらんでは、できるだけお悩みの理由や原因を、きちんとお伝えするようにしています。
妊婦さんのお悩みは様々なので、時には答えのないお悩みもあったりします。
はなみらんのモットーは「妊婦さんに寄り添う」なので、そのようなときは一緒に悩んで考えて、解決策を探すこともあります。
(家族でも友人でもない、他人だから話せるっていう悩みって結構あるんですよね・笑)

無意味な我慢や忍耐を強いられることなく、マタニティライフが送りたいものですね!

→コラム&新着情報トップへ