ご予約はこちら 

コラム&新着情報

→コラム&新着情報トップへ

【コラム】おにぎりが食べたいんだなぁ

2018.05.15

今回は産後の手土産のお話です。
来て貰う場合、行く場合、どちらの立場でも使えます!

●産後の家への手土産はどうしよう

親類や友人・知人が出産!おめでたいですよね。
そんなお宅へ訪問するとき、何を持って行きましょう。

お祝いのお花?
ちょっとしたスイーツ?
赤ちゃんの玩具やベビー服もいいかも…

ちょっと待って!少し考えてみてください。
『あなたの胎盤、見てみませんか?』でも書いた通り、産後は全治1ヶ月半の交通事故に遭った状態です。
大切なのはできるだけ体を休ませること。

お花を活けるのは誰ですか?お水を毎日替えるのは?枯れた後、捨てるのは?
そのスイーツ、ママは食べられますか?体調の関係で控えていたりしませんか?
赤ちゃんグッズ、長い目で見たらいいかもしれないけど、即戦力にはなるかしら?

決してこれらがダメな訳ではありません。
ただ「ママを休ませる」を最優先にした場合、これらは候補から外れてしまう手土産なんです。
じゃあ、なにがいいの?

●ずばり「おにぎり」です

答えはおにぎりです。
えー!色気がない!!と思うかもしれませんが、産後すぐの訪問は

「赤ちゃんのもの」より「お母さんのためになるもの」
「気持ち」より「役に立つもの」

が喜ばれます。
そういう観点から行くと、おにぎりって最強なんです!

大前提として産後間もないママには時間がありません。
3時間おきの授乳をはじめとする新生児の世話は、睡眠時間はおろか食事の時間も奪います。
当然、食事を用意する時間も、食後の片付けをする時間もありません

・味付けなど調理不要で
・お皿やお箸の準備も必要なく
・その場ですぐにパパっと食べられて
・片付けも不要!

これらを満たしているのがズバリおにぎりなんです。
やろうと思えば授乳の片手間に食べる事も出来ます。
そこで稼いだ時間を睡眠に当てることもできるかもしれません。
最強のファストフードだと思いませんか?

●自分にも当てはめて考えてみて

逆の立場の場合は、おねだりしましょう。
産後すぐの自宅や実家に訪問に来る人は、ある程度親密な関係にある人だと思います。
そんな人たちには、おねだりをしやすいですよね。
「遊びに行くよ」と言われた時に「じゃあ、おにぎり持って来て!」って言っちゃいましょう。

ちなみに私は「おにぎり+お惣菜数種類」持って行ったりします。
……出来合いですけどね(笑)
でも、出来合いでもおかずがあると「ちゃんと食事したいな」と思った時
ご飯を炊くだけでいいので楽チンなんですよ!(セルフフォロー)



現実的で色気はないかもしれません。
でも、産後は現実です。
現実に必要な物は最高の贈り物ですよ!

→コラム&新着情報トップへ