ご予約はこちら 

コラム&新着情報

→コラム&新着情報トップへ

【コラム】妊婦さんは日焼けにご用心?

2018.06.12

妊娠して「あれ、私、ソバカス増えた?」とか「シミが目立つようになった気が…?」なんて感じた事はありませんか?
それ、気のせいじゃないかもしれません。感じた事がない人も、今後の対策によっては感じるようになるかも。
梅雨が明けたらすぐ夏です。原因を知って、しっかり対策しましょう!

●妊娠のときに分泌されるホルモンに原因が?

妊娠をすると妊娠を維持するホルモンが働きます
それは、子宮の筋肉をしっかりさせたり、子宮への血流を良くしたり、排卵を抑制したりするのですが、
メラノサイトを刺激するという働きもあります。
このメラノサイトを刺激するが今回のキーポイント。

メラノサイトはメラニンを産生する細胞、メラニンとは肌などの色を作る黒色の色素です。
メラニンは紫外線(UV)を浴びることで、肌の上に作られます。
通常はターンオーバーという肌が生まれ変わる周期に合わせて消えるのですが、過剰に作られたりすると、肌に居残りを決め込みます。
するとそのメラニン色素は肌に沈着し、その結果がシミやソバカスになるのです。

●だから妊娠中はシミソバカスが出来やすい!

前述した通り、妊娠中に分泌されるホルモンにはメラニンを産生するメラノサイトを刺激するという働きがあります。
乳頭の色が濃くなったり、脇や股が黒ずんだり、お腹の真ん中にスッと入る黒っぽい線(正中線)もこの影響です。
日焼けがシミソバカスの素と言われるのも、紫外線(UV)を浴びるとメラニンが生成されるからです。

これらを一言でザックリ伝えるとどうなるかというと

妊婦さんは日焼けしやすい(シミソバカスが出来やすい)

という表現になるんですね。

●妊娠中は女性の一生で一番美しい期間!?

妊娠中は体の水分が30%増えます。
そこから女性が一生の中で一番(肌が)美しいのは妊娠中である
という先生もいらっしゃいます。

そんな時期に、さんさんと紫外線(UV)を浴びて、シミソバカスをたっぷり作ってしまっては勿体ない!
なので妊娠中はいつも以上に丁寧に紫外線(UV)ケアをしてみてくださいね。


ちなみに、はなみらんでは16~19週20~34週の妊婦さんには
体と同時にお顔のケアもできるメニュー
があります。



美白に良いと言われている精油(アロマオイル)を使う事も出来ますし、
オプションのローズローションパックラベンダークリームパックで、
紫外線を浴びたお肌に鎮静と休息を与えることもできます。

はなみらんのメニューは全て妊婦さんの体質を考えた上で作ったメニューなので
気になることがある方は、お気軽にご相談くださいね!

→コラム&新着情報トップへ